河辺東人が書いた万葉集

河辺東人が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 1 首

歌番号 本歌
第8巻1440番歌 春雨のしくしく降るに高円の山の桜はいかにかあるらむ

河辺東人とは?

河辺東人(読み:かわべのあずまひと)
?-? 奈良時代の官吏。
宝亀元年(770)石見守となる。

タイトルとURLをコピーしました