山口女王が書いた万葉集

山口女王が書いた万葉集についてまとめました。

スポンサーリンク

掲載数 全 6 首

歌番号 本歌
第4巻613番歌 もの思ふと人に見えじとなまじひに常に思へりありぞかねつる
第4巻614番歌 相思はぬ人をやもとな白栲の袖漬つまでに音のみし泣くも
第4巻615番歌 我が背子は相思はずとも敷栲の君が枕は夢に見えこそ
第4巻616番歌 剣太刀名の惜しけくも我れはなし君に逢はずて年の経ぬれば
第4巻617番歌 葦辺より満ち来る潮のいや増しに思へか君が忘れかねつる
第8巻1617番歌 秋萩に置きたる露の風吹きて落つる涙は留めかねつも
タイトルとURLをコピーしました