大津皇子が書いた万葉集

大津皇子が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 4 首

歌番号 本歌
第2巻107番歌 あしひきの山のしづくに妹待つと我れ立ち濡れぬ山のしづくに
第2巻109番歌 大船の津守が占に告らむとはまさしに知りて我がふたり寝し
第3巻416番歌 百伝ふ磐余の池に鳴く鴨を今日のみ見てや雲隠りなむ
第8巻1512番歌 経もなく緯も定めず娘子らが織る黄葉に霜な降りそね
タイトルとURLをコピーしました