丹比国人が書いた万葉集

丹比国人が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 4 首

歌番号本歌
第3巻382番歌鶏が鳴く 東の国に 高山は さはにあれども 二神の 貴き山の 並み立ちの 見が欲し山と 神世より 人の言ひ継ぎ 国見する 筑波の山を 冬こもり 時じき時と 見ずて行かば まして恋しみ 雪消する 山道すらを なづみぞ我が来る
第3巻383番歌筑波嶺を外のみ見つつありかねて雪消の道をなづみ来るかも
第8巻1557番歌明日香川行き廻る岡の秋萩は今日降る雨に散りか過ぎなむ
第20巻4446番歌我が宿に咲けるなでしこ賄はせむゆめ花散るないやをちに咲け
タイトルとURLをコピーしました