長田王が書いた万葉集

長田王が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 6 首

歌番号 本歌
第1巻81番歌 山辺の御井を見がてり神風の伊勢娘子どもあひ見つるかも
第1巻82番歌 うらさぶる心さまねしひさかたの天のしぐれの流らふ見れば
第1巻83番歌 海の底沖つ白波龍田山いつか越えなむ妹があたり見む
第3巻245番歌 聞きしごとまこと尊くくすしくも神さびをるかこれの水島
第3巻246番歌 芦北の野坂の浦ゆ船出して水島に行かむ波立つなゆめ
第3巻248番歌 隼人の薩摩の瀬戸を雲居なす遠くも我れは今日見つるかも
タイトルとURLをコピーしました