長皇子が書いた万葉集

長皇子が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 5 首

歌番号 本歌
第1巻60番歌 宵に逢ひて朝面無み名張にか日長く妹が廬りせりけむ
第1巻65番歌 霰打つ安良礼松原住吉の弟日娘女と見れど飽かぬかも
第1巻73番歌 我妹子を早見浜風大和なる我を松椿吹かざるなゆめ
第1巻84番歌 秋さらば今も見るごと妻恋ひに鹿鳴かむ山ぞ高野原の上
第2巻130番歌 丹生の川瀬は渡らずてゆくゆくと恋痛し我が背いで通ひ来ね
タイトルとURLをコピーしました