万葉集 第18巻 4095番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4095番歌はこちらにまとめました。

第18巻 4095番歌

第18巻
歌番号 4095番歌
作者 大伴家持
題詞 (賀陸奥國出金詔書歌一首[并短歌])反歌三首
原文 大夫能 許己呂於毛保由 於保伎美能 美許登<乃>佐吉乎 [一云 能] 聞者多布刀美 [一云 貴久之安礼婆]
訓読 大夫の心思ほゆ大君の御言の幸を [一云 の] 聞けば貴み [一云 貴くしあれば]
かな ますらをの こころおもほゆ おほきみの みことのさきを[の] きけばたふとみ [たふとくしあれば]
英語(ローマ字) MASURAWONO KOKOROOMOHOYU OHOKIMINO MIKOTONOSAKIWO[NO] KIKEBATAFUTOMI [TAFUTOKUSHIAREBA]
先祖伝来の雄々しい心が湧き起こる。大君の御言葉のありがたさを聞けば尊い。
左注 (天平感寶元年五月十二日於越中國守舘大伴宿祢家持作之)
校異 能 乃 [元][類]
用語 天平感宝1年5月12日、作者:大伴家持、年紀、大君讃美、寿歌、賀歌、高岡、富山、大夫
タイトルとURLをコピーしました