万葉集 第17巻 3909番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻3909番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第17巻 3909番歌

第17巻
歌番号 3909番歌
作者 大伴書持
題詞 詠霍公鳥歌二首
原文 多知婆奈波 常花尓毛歟 保登等藝須 周無等来鳴者 伎可奴日奈家牟
訓読 橘は常花にもが霍公鳥住むと来鳴かば聞かぬ日なけむ
かな たちばなは とこはなにもが ほととぎす すむときなかば きかぬひなけむ
英語(ローマ字) TACHIBANAHA TOKOHANANIMOGA HOTOTOGISU SUMUTOKINAKABA KIKANUHINAKEMU
橘の花は年がら年中咲く花であったらなあ。ホトトギスが住処にしてさえづり、いつもその鳴き声が聞けるのに。
左注 (右四月二日大伴宿祢書持従奈良宅贈兄家持)
校異
用語 天平13年4月2日、年紀、作者:大伴書持、植物、動物、贈答、大伴家持、恭仁京、京都
タイトルとURLをコピーしました