万葉集 第15巻 3618番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3618番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3618番歌

第15巻
歌番号 3618番歌
作者 作者不詳
題詞 (安藝國長門嶋舶泊礒邊作歌五首)
原文 夜麻河<泊>能 伎欲吉可波世尓 安蘇倍杼母 奈良能美夜故波 和須礼可祢都母
訓読 山川の清き川瀬に遊べども奈良の都は忘れかねつも
かな やまがはの きよきかはせに あそべども ならのみやこは わすれかねつも
英語(ローマ字) YAMAGAHANO KIYOKIKAHASENI ASOBEDOMO NARANOMIYAKOHA WASUREKANETSUMO
(この島の)山中の清らかな川瀬に遊んでいるが、奈良の都の山川は忘れられない。
左注
校異 伯 泊 [類][細][温]
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、広島、倉橋島、望郷、羈旅、宴席

解説

題詞は3617番歌から。

当時は新羅(朝鮮)に渡る際、船で瀬戸内海を航海し、対馬から新羅へ渡っていった。西暦676年に新羅へ渡った石上麻呂は、10月10日に新羅へ行き、帰ってきたのが翌年の2月1日という記録がる。つまり遣新羅使一回分が約4ヶ月かかるという意味になる。安全かどうかも分からない長旅で故郷が忘れられないのだろう。

タイトルとURLをコピーしました