第1巻

万葉集 第1巻 16番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻16番歌はこちらにまとめました。第1巻 16番歌巻第1巻歌番号16番歌作者額田王題詞近江大津宮御宇天皇代 / 天皇詔内大臣藤原朝臣競憐春山萬花之艶秋山千葉之彩時額田王以歌判之歌原文冬木成 春去来者 不喧有之 鳥毛来鳴奴 不開有之 花...
第1巻

万葉集 第1巻 15番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻15番歌はこちらにまとめました。第1巻 15番歌巻第1巻歌番号15番歌作者天智天皇(中大兄)題詞((中大兄)反歌)原文渡津海乃 豊旗雲尓 伊理比之 今夜乃月夜 清明己曽訓読海神の豊旗雲に入日さし今夜の月夜さやけくありこそかなわたつみの...
第1巻

万葉集 第1巻 14番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻14番歌はこちらにまとめました。第1巻 14番歌巻第1巻歌番号14番歌作者天智天皇(中大兄)題詞(中大兄)反歌原文高山与 耳梨山与 相之時 立見尓来之 伊奈美國波良訓読香具山と耳成山と闘ひし時立ちて見に来し印南国原かなかぐやまと みみ...
スポンサーリンク
第1巻

万葉集 第1巻 13番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻13番歌はこちらにまとめました。第1巻 13番歌巻第1巻歌番号13番歌作者天智天皇(中大兄)題詞中大兄原文高山波 雲根火雄男志等 耳梨與 相諍競伎 神代従 如此尓有良之 古昔母 然尓有許曽 虚蝉毛 嬬乎 相良思吉訓読香具山は 畝傍を愛...
第1巻

万葉集 第1巻 12番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻12番歌はこちらにまとめました。第1巻 12番歌巻第1巻歌番号12番歌作者中皇命(間人皇女)題詞(中皇命徃于紀温泉之時御歌)原文吾欲之 野嶋波見世追 底深伎 阿胡根能浦乃 珠曽不拾 訓読我が欲りし野島は見せつ底深き阿胡根の浦の玉ぞ拾は...
第1巻

万葉集 第1巻 11番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻11番歌はこちらにまとめました。第1巻 11番歌巻第1巻歌番号11番歌作者中皇命(間人皇女)題詞(中皇命徃于紀温泉之時御歌)原文吾勢子波 借廬作良須 草無者 小松下乃 草乎苅核訓読我が背子は仮廬作らす草なくは小松が下の草を刈らさねかな...
第1巻

万葉集 第1巻 10番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻10番歌はこちらにまとめました。第1巻 10番歌巻第1巻歌番号10番歌作者中皇命(間人皇女)題詞中皇命徃于紀温泉之時御歌原文君之齒母 吾代毛所知哉 磐代乃 岡之草根乎 去来結手名訓読君が代も我が代も知るや岩代の岡の草根をいざ結びてなか...
第1巻

万葉集 第1巻 9番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻9番歌はこちらにまとめました。第1巻 9番歌巻第1巻歌番号9番歌作者額田王題詞幸于紀温泉之時額田王作歌原文莫囂圓隣之大相七兄爪謁氣 吾瀬子之 射立為兼 五可新何本訓読莫囂円隣之大相七兄爪謁気我が背子がい立たせりけむ厳橿が本かな****...
第1巻

万葉集 第1巻 8番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻8番歌はこちらにまとめました。第1巻 8番歌巻第1巻歌番号8番歌作者額田王題詞後岡本宮御宇天皇代 / 額田王歌原文熟田津尓 船乗世武登 月待者 潮毛可奈比沼 今者許藝乞菜訓読熟田津に船乗りせむと月待てば潮もかなひぬ今は漕ぎ出でなかな...
第1巻

万葉集 第1巻 7番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻7番歌はこちらにまとめました。第1巻 7番歌巻第1巻歌番号7番歌作者額田王題詞明日香川原宮御宇天皇代 / 額田王歌 原文金野乃 美草苅葺 屋杼礼里之 兎道乃宮子能 借五百礒所念訓読秋の野のみ草刈り葺き宿れりし宇治の宮処の仮廬し思ほゆ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました