万葉集 第14巻 3457番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3457番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3457番歌

第14巻
歌番号 3457番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 宇知日佐須 美夜能和我世波 夜麻<登>女乃 比射麻久其登尓 安乎和須良須奈
訓読 うちひさす宮の我が背は大和女の膝まくごとに我を忘らすな
かな うちひさす みやのわがせは やまとめの ひざまくごとに あをわすらすな
英語(ローマ字) UCHIHISASU MIYANOWAGASEHA YAMATOMENO HIZAMAKUGOTONI AWOWASURASUNA
宮に仕える私の彼は、大和の女性の膝を枕にすることもありましょう。でも私のことは忘れないでね。
左注
校異 等 登 [元][類][古][紀]
用語 東歌、相聞、恋愛、不安、別離、女歌
タイトルとURLをコピーしました