万葉集 第13巻 3321番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3321番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第13巻 3321番歌

第13巻
歌番号 3321番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 左夜深而 今者明奴登 開戸手 木部行君乎 何時可将待
訓読 さ夜更けて今は明けぬと戸を開けて紀へ行く君をいつとか待たむ
かな さよふけて いまはあけぬと とをあけて きへゆくきみを いつとかまたむ
英語(ローマ字) SAYOFUKETE IMAHAAKENUTO TOWOAKETE KIHEYUKUKIMIWO ITSUTOKAMATAMU
夜が更けて今日は明けたぞと戸を開いて紀の国へ旅立っていったあの人。いつまで待っていたらよいのかしら。
左注 (右五首)
校異
用語 和歌山、送別、恋情
タイトルとURLをコピーしました