万葉集 第12巻 3057番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3057番歌はこちらにまとめました。

第12巻 3057番歌

第12巻
歌番号 3057番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 淺茅原 茅生丹足踏 意具美 吾念兒等之 家當見津 [一云 妹之家當見津]
訓読 浅茅原茅生に足踏み心ぐみ我が思ふ子らが家のあたり見つ [一云 妹が家のあたり見つ]
かな あさぢはら ちふにあしふみ こころぐみ あがもふこらが いへのあたりみつ [いもが いへのあたりみつ]
英語(ローマ字) ASADIHARA CHIFUNIASHIFUMI KOKOROGUMI AGAMOFUKORAGA IHENOATARIMITSU [IMOGA IHENOATARIMITSU]
浅茅原に生えている茅に足踏みをするとちくちくして鬱陶しい。心が晴れ晴れしないので顔を上げ、恋い焦がれる子らがいる家のあたりを見た。
左注
校異
用語 異伝、恋情
タイトルとURLをコピーしました