万葉集 第11巻 2567番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2567番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2567番歌

第11巻
歌番号 2567番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 相見而<者> 戀名草六跡 人者雖云 見後尓曽毛 戀益家類
訓読 相見ては恋慰むと人は言へど見て後にぞも恋まさりける
かな あひみては こひなぐさむと ひとはいへど みてのちにぞも こひまさりける
英語(ローマ字) AHIMITEHA KOHINAGUSAMUTO HITOHAIHEDO MITENOCHINIZOMO KOHIMASARIKERU
直接逢えば恋しさは慰められると人は言うけれど、逢って後こそいっそう恋しさが増幅される。
左注
校異 <> 者 [西(左書)][嘉][文][紀]
用語 恋情
タイトルとURLをコピーしました