万葉集 第6巻 936番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻936番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 936番歌

第6巻
歌番号 936番歌
作者 笠金村
題詞 (三年丙寅秋九月十五日幸於播磨國印南野時笠朝臣金村作歌一首[并短歌])反歌二首
原文 玉藻苅 海未通女等 見尓将去 船梶毛欲得 浪高友
訓読 玉藻刈る海人娘子ども見に行かむ舟楫もがも波高くとも
かな たまもかる あまをとめども みにゆかむ ふなかぢもがも なみたかくとも
英語(ローマ字) TAMAMOKARU AMAWOTOMEDOMO MINIYUKAMU FUNAKADIMOGAMO NAMITAKAKUTOMO
藻を刈りとっている海人娘子(あまをとめ)たちを是非見に行きたいものだ。舟と舟を操る梶さえあれば波が高くとも是非。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 雑歌、作者:笠金村、播磨、兵庫、羈旅、恋情、神亀3年9月15日、年紀、植物、地名
タイトルとURLをコピーしました