粟田女娘子が書いた万葉集

粟田女娘子が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 2 首

歌番号 本歌
第4巻707番歌 思ひ遣るすべの知らねば片もひの底にぞ我れは恋ひ成りにける
第4巻708番歌 またも逢はむよしもあらぬか白栲の我が衣手にいはひ留めむ

粟田女娘子とは?

粟田女娘子(読み:あわためのおとめ)
?-? 奈良時代の女性。
粟田氏の娘。(女娘子が娘という意味。名前ではない。)大伴家持におくった歌2首が4巻におさめられている。

タイトルとURLをコピーしました