弓削皇子が書いた万葉集

弓削皇子が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 8 首

歌番号 本歌
第2巻111番歌 いにしへに恋ふる鳥かも弓絃葉の御井の上より鳴き渡り行く
第2巻119番歌 吉野川行く瀬の早みしましくも淀むことなくありこせぬかも
第2巻120番歌 我妹子に恋ひつつあらずは秋萩の咲きて散りぬる花にあらましを
第2巻121番歌 夕さらば潮満ち来なむ住吉の浅香の浦に玉藻刈りてな
第2巻122番歌 大船の泊つる泊りのたゆたひに物思ひ痩せぬ人の子故に
第3巻242番歌 滝の上の三船の山に居る雲の常にあらむと我が思はなくに
第8巻1467番歌 霍公鳥なかる国にも行きてしかその鳴く声を聞けば苦しも
第8巻1608番歌 秋萩の上に置きたる白露の消かもしなまし恋ひつつあらずは
タイトルとURLをコピーしました