光明皇后が書いた万葉集

光明皇后が書いた万葉集についてまとめました。

スポンサーリンク

掲載数 全 3 首

歌番号 本歌
第8巻1658番歌 我が背子とふたり見ませばいくばくかこの降る雪の嬉しくあらまし
第19巻4224番歌 朝霧のたなびく田居に鳴く雁を留め得むかも我が宿の萩
第19巻4240番歌 大船に真楫しじ貫きこの我子を唐国へ遣る斎へ神たち
タイトルとURLをコピーしました