阿倍虫麻呂が書いた万葉集

阿倍虫麻呂が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 5 首

歌番号 本歌
第4巻665番歌 向ひ居て見れども飽かぬ我妹子に立ち別れ行かむたづき知らずも
第4巻672番歌 しつたまき数にもあらぬ命もて何かここだく我が恋ひわたる
第6巻980番歌 雨隠り御笠の山を高みかも月の出で来ぬ夜はくたちつつ
第8巻1577番歌 秋の野の尾花が末を押しなべて来しくもしるく逢へる君かも
第8巻1578番歌 今朝鳴きて行きし雁が音寒みかもこの野の浅茅色づきにける

阿倍虫麻呂とは?

阿倍虫麻呂(読み:あべのむしまろ)
?-752
奈良時代の貴族・歌人。「安倍」とも記される。従四位下・阿倍安麻呂の子とする系図がある。官位は従四位下・中務大輔。

タイトルとURLをコピーしました