山上憶良が書いた万葉集

山上憶良が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 30 首

歌番号 本歌
第1巻63番歌 いざ子ども早く日本へ大伴の御津の浜松待ち恋ひぬらむ
第2巻145番歌 鳥翔成あり通ひつつ見らめども人こそ知らね松は知るらむ
第3巻337番歌 憶良らは今は罷らむ子泣くらむそれその母も我を待つらむぞ
第5巻818番歌 春さればまづ咲くやどの梅の花独り見つつや春日暮らさむ[筑前守山上大夫]
第6巻978番歌 士やも空しくあるべき万代に語り継ぐべき名は立てずして
第8巻1518番歌 天の川相向き立ちて我が恋ひし君来ますなり紐解き設けな [一云 川に向ひて]
第8巻1519番歌 久方の天の川瀬に舟浮けて今夜か君が我がり来まさむ
第8巻1520番歌 彦星は 織女と 天地の 別れし時ゆ いなうしろ 川に向き立ち 思ふそら 安けなくに 嘆くそら 安けなくに 青波に 望みは絶えぬ 白雲に 涙は尽きぬ かくのみや 息づき居らむ かくのみや 恋ひつつあらむ さ丹塗りの 小舟もがも 玉巻きの 真櫂もがも [一云 小棹もがも] 朝なぎに い掻き渡り 夕潮に [一云 夕にも] い漕ぎ渡り 久方の 天の川原に 天飛ぶや 領巾片敷き 真玉手の 玉手さし交へ あまた夜も 寐ねてしかも [一云 寐もさ寝てしか] 秋にあらずとも [一云 秋待たずとも]
第8巻1521番歌 風雲は二つの岸に通へども我が遠妻の [一云 愛し妻の] 言ぞ通はぬ
第8巻1522番歌 たぶてにも投げ越しつべき天の川隔てればかもあまたすべなき
第8巻1523番歌 秋風の吹きにし日よりいつしかと我が待ち恋ひし君ぞ来ませる
第8巻1524番歌 天の川いと川波は立たねどもさもらひかたし近きこの瀬を
第8巻1525番歌 袖振らば見も交しつべく近けども渡るすべなし秋にしあらねば
第8巻1526番歌 玉かぎるほのかに見えて別れなばもとなや恋ひむ逢ふ時までは
第8巻1527番歌 彦星の妻迎へ舟漕ぎ出らし天の川原に霧の立てるは
第8巻1528番歌 霞立つ天の川原に君待つとい行き帰るに裳の裾濡れぬ
第8巻1529番歌 天の川浮津の波音騒くなり我が待つ君し舟出すらしも
第8巻1537番歌 秋の野に咲きたる花を指折りかき数ふれば七種の花 [其一]
第8巻1538番歌 萩の花尾花葛花なでしこの花をみなへしまた藤袴朝顔の花 [其二]
第9巻1716番歌 白波の浜松の木の手向けくさ幾代までにか年は経ぬらむ
第16巻3860番歌 大君の遣はさなくにさかしらに行きし荒雄ら沖に袖振る
第16巻3861番歌 荒雄らを来むか来じかと飯盛りて門に出で立ち待てど来まさず
第16巻3862番歌 志賀の山いたくな伐りそ荒雄らがよすかの山と見つつ偲はむ
第16巻3863番歌 荒雄らが行きにし日より志賀の海人の大浦田沼は寂しくもあるか
第16巻3864番歌 官こそさしても遣らめさかしらに行きし荒雄ら波に袖振る
第16巻3865番歌 荒雄らは妻子の業をば思はずろ年の八年を待てど来まさず
第16巻3866番歌 沖つ鳥鴨とふ船の帰り来ば也良の崎守早く告げこそ
第16巻3867番歌 沖つ鳥鴨とふ船は也良の崎廻みて漕ぎ来と聞こえ来ぬかも
第16巻3868番歌 沖行くや赤ら小舟につと遣らばけだし人見て開き見むかも
第16巻3869番歌 大船に小舟引き添へ潜くとも志賀の荒雄に潜き逢はめやも