大伯皇女が書いた万葉集

大伯皇女が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 6 首

歌番号本歌
第2巻105番歌我が背子を大和へ遣るとさ夜更けて暁露に我れ立ち濡れし
第2巻106番歌ふたり行けど行き過ぎかたき秋山をいかにか君がひとり越ゆらむ
第2巻163番歌神風の伊勢の国にもあらましを何しか来けむ君もあらなくに
第2巻164番歌見まく欲り我がする君もあらなくに何しか来けむ馬疲るるに
第2巻165番歌うつそみの人にある我れや明日よりは二上山を弟背と我が見む
第2巻166番歌磯の上に生ふる馬酔木を手折らめど見すべき君が在りと言はなくに
タイトルとURLをコピーしました