紀小鹿が書いた万葉集

紀小鹿が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 12 首

歌番号 本歌
第4巻643番歌 世の中の女にしあらば我が渡る痛背の川を渡りかねめや
第4巻644番歌 今は我はわびぞしにける息の緒に思ひし君をゆるさく思へば
第4巻645番歌 白栲の袖別るべき日を近み心にむせひ音のみし泣かゆ
第4巻762番歌 神さぶといなにはあらずはたやはたかくして後に寂しけむかも
第4巻763番歌 玉の緒を沫緒に搓りて結べらばありて後にも逢はざらめやも
第4巻776番歌 言出しは誰が言にあるか小山田の苗代水の中淀にして
第4巻782番歌 風高く辺には吹けども妹がため袖さへ濡れて刈れる玉藻ぞ
第8巻1452番歌 闇ならばうべも来まさじ梅の花咲ける月夜に出でまさじとや
第8巻1460番歌 戯奴 [變云 わけ] がため我が手もすまに春の野に抜ける茅花ぞ食して肥えませ
第8巻1461番歌 昼は咲き夜は恋ひ寝る合歓木の花君のみ見めや戯奴さへに見よ
第8巻1648番歌 十二月には淡雪降ると知らねかも梅の花咲くふふめらずして
第8巻1661番歌 久方の月夜を清み梅の花心開けて我が思へる君
タイトルとURLをコピーしました