湯原王が書いた万葉集

湯原王が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 20 首

歌番号本歌
第3巻375番歌吉野なる菜摘の川の川淀に鴨ぞ鳴くなる山蔭にして
第3巻376番歌あきづ羽の袖振る妹を玉櫛笥奥に思ふを見たまへ我が君
第3巻377番歌青山の嶺の白雲朝に日に常に見れどもめづらし我が君
第4巻631番歌うはへなきものかも人はしかばかり遠き家路を帰さく思へば
第4巻632番歌目には見て手には取らえぬ月の内の楓のごとき妹をいかにせむ
第4巻633番歌ここだくも思ひけめかも敷栲の枕片さる夢に見え来し
第4巻635番歌草枕旅には妻は率たれども櫛笥のうちの玉をこそ思へ
第4巻636番歌我が衣形見に奉る敷栲の枕を放けずまきてさ寝ませ
第4巻638番歌ただ一夜隔てしからにあらたまの月か経ぬると心惑ひぬ
第4巻640番歌はしけやし間近き里を雲居にや恋ひつつ居らむ月も経なくに
第4巻642番歌我妹子に恋ひて乱ればくるべきに懸けて寄せむと我が恋ひそめし
第4巻670番歌月読の光りに来ませあしひきの山きへなりて遠からなくに
第6巻985番歌天にます月読壮士賄はせむ今夜の長さ五百夜継ぎこそ
第6巻986番歌はしきやし間近き里の君来むとおほのびにかも月の照りたる
第6巻989番歌焼太刀のかど打ち放ち大夫の寿く豊御酒に我れ酔ひにけり
第8巻1544番歌彦星の思ひますらむ心より見る我れ苦し夜の更けゆけば
第8巻1545番歌織女の袖継ぐ宵の暁は川瀬の鶴は鳴かずともよし
第8巻1550番歌秋萩の散りの乱ひに呼びたてて鳴くなる鹿の声の遥けさ
第8巻1552番歌夕月夜心もしのに白露の置くこの庭にこほろぎ鳴くも
第8巻1618番歌玉に貫き消たず賜らむ秋萩の末わくらばに置ける白露
タイトルとURLをコピーしました