大伴三中が書いた万葉集

大伴三中が書いた万葉集についてまとめました。

スポンサーリンク

掲載数 全 4 首

歌番号 本歌
第3巻443番歌 天雲の 向伏す国の ますらをと 言はれし人は 天皇の 神の御門に 外の重に 立ち侍ひ 内の重に 仕へ奉りて 玉葛 いや遠長く 祖の名も 継ぎ行くものと 母父に 妻に子どもに 語らひて 立ちにし日より たらちねの 母の命は 斎瓮を 前に据ゑ置きて 片手には 木綿取り持ち 片手には 和栲奉り 平けく ま幸くいませと 天地の 神を祈ひ祷み いかにあらむ 年月日にか つつじ花 にほへる君が にほ鳥の なづさひ来むと 立ちて居て 待ちけむ人は 大君の 命畏み おしてる 難波の国に あらたまの 年経るまでに 白栲の 衣も干さず 朝夕に ありつる君は いかさまに 思ひませか うつせみの 惜しきこの世を 露霜の 置きて去にけむ 時にあらずして
第3巻444番歌 昨日こそ君はありしか思はぬに浜松の上に雲にたなびく
第3巻445番歌 いつしかと待つらむ妹に玉梓の言だに告げず去にし君かも
第15巻3701番歌 竹敷の黄葉を見れば我妹子が待たむと言ひし時ぞ来にける
タイトルとURLをコピーしました