余明軍が書いた万葉集

余明軍が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 9 首

歌番号本歌
第3巻394番歌標結ひて我が定めてし住吉の浜の小松は後も我が松
第3巻454番歌はしきやし栄えし君のいましせば昨日も今日も我を召さましを
第3巻455番歌かくのみにありけるものを萩の花咲きてありやと問ひし君はも
第3巻456番歌君に恋ひいたもすべなみ葦鶴の哭のみし泣かゆ朝夕にして
第3巻457番歌遠長く仕へむものと思へりし君しまさねば心どもなし
第3巻458番歌みどり子の匍ひたもとほり朝夕に哭のみぞ我が泣く君なしにして
第3巻459番歌見れど飽かずいましし君が黄葉のうつりい行けば悲しくもあるか
第4巻579番歌見まつりていまだ時だに変らねば年月のごと思ほゆる君
第4巻580番歌あしひきの山に生ひたる菅の根のねもころ見まく欲しき君かも
タイトルとURLをコピーしました