丹波大女娘子が書いた万葉集

丹波大女娘子が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 3 首

歌番号本歌
第4巻711番歌鴨鳥の遊ぶこの池に木の葉落ちて浮きたる心我が思はなくに
第4巻712番歌味酒を三輪の祝がいはふ杉手触れし罪か君に逢ひかたき
第4巻713番歌垣ほなす人言聞きて我が背子が心たゆたひ逢はぬこのころ
タイトルとURLをコピーしました