内蔵縄麻呂が書いた万葉集

内蔵縄麻呂が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 4 首

歌番号 本歌
第17巻3996番歌 我が背子が国へましなば霍公鳥鳴かむ五月は寂しけむかも
第18巻4087番歌 灯火の光りに見ゆるさ百合花ゆりも逢はむと思ひそめてき
第19巻4200番歌 多胡の浦の底さへにほふ藤波をかざして行かむ見ぬ人のため
第19巻4233番歌 うち羽振き鶏は鳴くともかくばかり降り敷く雪に君いまさめやも
タイトルとURLをコピーしました