万葉集 第19巻 4209番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4209番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4209番歌

第19巻
歌番号 4209番歌
作者 久米広縄
題詞 詠霍公鳥歌一首[并短歌]
原文 多尓知可久 伊敝波乎礼騰母 許太加久C 佐刀波安礼騰母 保登等藝須 伊麻太伎奈加受 奈久許恵乎 伎可麻久保理登 安志多尓波 可度尓伊C多知 由布敝尓波 多尓乎美和多之 古布礼騰毛 比等己恵太尓母 伊麻太伎己要受
訓読 谷近く 家は居れども 木高くて 里はあれども 霍公鳥 いまだ来鳴かず 鳴く声を 聞かまく欲りと 朝には 門に出で立ち 夕には 谷を見渡し 恋ふれども 一声だにも いまだ聞こえず
かな たにちかく いへはをれども こだかくて さとはあれども ほととぎす いまだきなかず なくこゑを きかまくほりと あしたには かどにいでたち ゆふへには たにをみわたし こふれども ひとこゑだにも いまだきこえず
英語(ローマ字) TANICHIKAKU IHEHAWOREDOMO KODAKAKUTE SATOHAAREDOMO HOTOTOGISU IMADAKINAKAZU NAKUKOゑWO KIKAMAKUHORITO ASHITANIHA KADONIIDETACHI YUFUHENIHA TANIWOMIWATASHI KOFUREDOMO HITOKOゑDANIMO IMADAKIKOEZU
私は谷の近くに住んでおり、木々が高く、里中ではありますが、ホトトギスはいまだにやって来て鳴きません。鳴き声を聞きたいと思って、毎朝、門に出て立ち、夕方には谷を見渡しています。こうしてホトトギスを待ち焦がれていますが、いまだに一声なりと鳴き声が聞こえません。
左注 (右廿三日<掾>久米朝臣廣縄和)
校異
用語 天平勝宝2年4月23日、年紀、作者:久米広縄、和歌、大伴家持、贈答、動物
タイトルとURLをコピーしました