万葉集 第18巻 4091番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4091番歌はこちらにまとめました。

第18巻 4091番歌

第18巻
歌番号 4091番歌
作者 大伴家持
題詞 ((獨居幄裏遥聞霍公鳥喧作歌一首[并短歌])反歌)
原文 宇能花能 <登聞>尓之奈氣婆 保等登藝須 伊夜米豆良之毛 名能里奈久奈倍
訓読 卯の花のともにし鳴けば霍公鳥いやめづらしも名告り鳴くなへ
かな うのはなの ともにしなけば ほととぎす いやめづらしも なのりなくなへ
英語(ローマ字) UNOHANANO TOMONISHINAKEBA HOTOTOGISU IYAMEDURASHIMO NANORINAKUNAHE
卯の花が咲くとともにホトトギスが鳴く、なんと興があることだろう。ちょうど自分はホトトギスだよといっているように。
左注 (右四首十日大伴宿祢家持作之)
校異 開 登聞 [元]
用語 天平感宝1年5月10日、作者:大伴家持、年紀、植物、動物、季節、独詠、高岡、富山、恋情
タイトルとURLをコピーしました