万葉集 第10巻 2283番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2283番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2283番歌

第10巻
歌番号 2283番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄花)
原文 吾妹兒尓 相坂山之 皮為酢寸 穂庭開不出 戀<度>鴨
訓読 我妹子に逢坂山のはだすすき穂には咲き出ず恋ひわたるかも
かな わぎもこに あふさかやまの はだすすき ほにはさきでず こひわたるかも
英語(ローマ字) WAGIMOKONI AFUSAKAYAMANO HADASUSUKI HONIHASAKIDEZU KOHIWATARUKAMO
愛しい子に逢うという逢坂山のススキ。尾花になって咲き出すこともなく、ひっそりと恋つづけています。
左注
校異 渡 度 [元][類][紀]
用語 秋相聞、京都、地名、植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました