万葉集 第3巻 342番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻342番歌はこちらにまとめました。

第3巻 342番歌

第3巻
歌番号342番歌
作者大伴旅人
題詞(<大>宰帥大伴卿讃酒歌十三首)
原文将言為便 将為便不知 極 貴物者 酒西有良之
訓読言はむすべ為むすべ知らず極まりて貴きものは酒にしあるらし
かないはむすべ せむすべしらず きはまりて たふときものは さけにしあるらし
英語(ローマ字)IHAMUSUBE SEMUSUBESHIRAZU KIHAMARITE TAFUTOKIMONOHA SAKENISHIARURASHI
言いようもなく、なすすべもないときなんといっても貴いのは酒だね。
左注
校異
用語雑歌、作者:大伴旅人、讃酒、太宰府、奈良、福岡、地名
タイトルとURLをコピーしました