沙弥満誓が書いた万葉集

沙弥満誓が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 7 首

歌番号 本歌
第3巻336番歌 しらぬひ筑紫の綿は身に付けていまだは着ねど暖けく見ゆ
第3巻351番歌 世間を何に譬へむ朝開き漕ぎ去にし船の跡なきごとし
第3巻391番歌 鳥総立て足柄山に船木伐り木に伐り行きつあたら船木を
第3巻393番歌 見えずとも誰れ恋ひざらめ山の端にいさよふ月を外に見てしか
第4巻572番歌 まそ鏡見飽かぬ君に後れてや朝夕にさびつつ居らむ
第4巻573番歌 ぬばたまの黒髪変り白けても痛き恋には逢ふ時ありけり
第5巻821番歌 青柳梅との花を折りかざし飲みての後は散りぬともよし[笠沙弥]