倭皇后が書いた万葉集

倭皇后が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 4 首

歌番号本歌
第2巻147番歌天の原振り放け見れば大君の御寿は長く天足らしたり
第2巻148番歌青旗の木幡の上を通ふとは目には見れども直に逢はぬかも
第2巻149番歌人はよし思ひやむとも玉葛影に見えつつ忘らえぬかも
第2巻153番歌鯨魚取り 近江の海を 沖放けて 漕ぎ来る船 辺付きて 漕ぎ来る船 沖つ櫂 いたくな撥ねそ 辺つ櫂 いたくな撥ねそ 若草の 夫の 思ふ鳥立つ
タイトルとURLをコピーしました