橘奈良麻呂が書いた万葉集

橘奈良麻呂が書いた万葉集についてまとめました。

スポンサーリンク

掲載数 全 3 首

歌番号 本歌
第6巻1010番歌 奥山の真木の葉しのぎ降る雪の降りは増すとも地に落ちめやも
第8巻1581番歌 手折らずて散りなば惜しと我が思ひし秋の黄葉をかざしつるかも
第8巻1582番歌 めづらしき人に見せむと黄葉を手折りぞ我が来し雨の降らくに
タイトルとURLをコピーしました