春日倉老が書いた万葉集

春日倉老が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 7 首

歌番号本歌
第1巻56番歌川上のつらつら椿つらつらに見れども飽かず巨勢の春野は
第1巻62番歌在り嶺よし対馬の渡り海中に幣取り向けて早帰り来ね
第3巻282番歌つのさはふ磐余も過ぎず泊瀬山いつかも越えむ夜は更けにつつ
第3巻284番歌焼津辺に我が行きしかば駿河なる阿倍の市道に逢ひし子らはも
第3巻286番歌よろしなへ我が背の君が負ひ来にしこの背の山を妹とは呼ばじ
第9巻1717番歌三川の淵瀬もおちず小網さすに衣手濡れぬ干す子はなしに
第9巻1719番歌照る月を雲な隠しそ島蔭に我が舟泊てむ泊り知らずも
タイトルとURLをコピーしました