壬生宇太麻呂が書いた万葉集

壬生宇太麻呂が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 6 首

歌番号 本歌
第15巻3612番歌 あをによし奈良の都に行く人もがも草枕旅行く船の泊り告げむに [旋頭歌也]
第15巻3669番歌 旅にあれど夜は火灯し居る我れを闇にや妹が恋ひつつあるらむ
第15巻3674番歌 草枕旅を苦しみ恋ひ居れば可也の山辺にさを鹿鳴くも
第15巻3675番歌 沖つ波高く立つ日にあへりきと都の人は聞きてけむかも
第15巻3702番歌 竹敷の浦廻の黄葉我れ行きて帰り来るまで散りこすなゆめ
第15巻3707番歌 秋山の黄葉をかざし我が居れば浦潮満ち来いまだ飽かなくに
タイトルとURLをコピーしました