阿倍女郎が書いた万葉集

阿倍女郎が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 5 首

歌番号 本歌
第3巻269番歌 人見ずは我が袖もちて隠さむを焼けつつかあらむ着ずて来にけり
第4巻505番歌 今さらに何をか思はむうち靡き心は君に寄りにしものを
第4巻506番歌 我が背子は物な思ひそ事しあらば火にも水にも我れなけなくに
第4巻514番歌 我が背子が着せる衣の針目おちず入りにけらしも我が心さへ
第4巻516番歌 我が持てる三相に搓れる糸もちて付けてましもの今ぞ悔しき

阿倍女郎とは?

阿倍女郎(読み:あべのいらつめ)
?-? 奈良時代の女性。
(708-780)の頃の人。中臣東人との贈答歌など5首が「万葉集」巻3,4におさめられている。
「女郎」は親しい若い女性のことを指し、名前ではない。「郎女」とも言う。

タイトルとURLをコピーしました