久米広縄が書いた万葉集

久米広縄が書いた万葉集についてまとめました。

スポンサーリンク

掲載数 全 9 首

歌番号 本歌
第18巻4050番歌 めづらしき君が来まさば鳴けと言ひし山霍公鳥何か来鳴かぬ
第18巻4053番歌 木の暗になりぬるものを霍公鳥何か来鳴かぬ君に逢へる時
第19巻4201番歌 いささかに思ひて来しを多胡の浦に咲ける藤見て一夜経ぬべし
第19巻4203番歌 家に行きて何を語らむあしひきの山霍公鳥一声も鳴け
第19巻4209番歌 谷近く 家は居れども 木高くて 里はあれども 霍公鳥 いまだ来鳴かず 鳴く声を 聞かまく欲りと 朝には 門に出で立ち 夕には 谷を見渡し 恋ふれども 一声だにも いまだ聞こえず
第19巻4210番歌 藤波の茂りは過ぎぬあしひきの山霍公鳥などか来鳴かぬ
第19巻4222番歌 このしぐれいたくな降りそ我妹子に見せむがために黄葉取りてむ
第19巻4231番歌 なでしこは秋咲くものを君が家の雪の巌に咲けりけるかも
第19巻4252番歌 君が家に植ゑたる萩の初花を折りてかざさな旅別るどち
タイトルとURLをコピーしました