大伴駿河麻呂が書いた万葉集

大伴駿河麻呂が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 10 首

歌番号本歌
第3巻400番歌梅の花咲きて散りぬと人は言へど我が標結ひし枝にあらめやも
第3巻407番歌春霞春日の里の植ゑ子水葱苗なりと言ひし枝はさしにけむ
第3巻409番歌一日には千重波しきに思へどもなぞその玉の手に巻きかたき
第4巻646番歌ますらをの思ひわびつつたびまねく嘆く嘆きを負はぬものかも
第4巻648番歌相見ずて日長くなりぬこの頃はいかに幸くやいふかし我妹
第4巻653番歌心には忘れぬものをたまさかに見ぬ日さまねく月ぞ経にける
第4巻654番歌相見ては月も経なくに恋ふと言はばをそろと我れを思ほさむかも
第4巻655番歌思はぬを思ふと言はば天地の神も知らさむ邑礼左変
第8巻1438番歌霞立つ春日の里の梅の花花に問はむと我が思はなくに
第8巻1660番歌梅の花散らすあらしの音のみに聞きし我妹を見らくしよしも
タイトルとURLをコピーしました